読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カインとアベル その2 寺尾聡

今日のカインとアベルは、寺尾聡でしたね。

 

平幹二郎さんが亡くなられて、もう会長の出演はないのかと思いましたが、代役で寺尾聡さんが出てきたときには、びっくり!!!!(後でネットで調べたら、事前に発表されてたんですね。)

 

う~~~ん。苦肉の策やな~~~~。

脚本の変更はできなかったんでしょうか?

 

 

今日のカインとアベルで、 仕事と直感の話がありましたが、これは、相当仕事のことを考えている人物の直感ですね~~~

 

私みたいな一般的なサラ―リーマンにはわからない世界感。

 

直感で100億円を融資する、あなたはクレージーだとしか思わない。

 

10億円を四葉銀行から融資を受ける副社長もすごいが、初対面で100億円の融資を頼み実際に可能になる点は、ドラマやな~~~って思うしかない。

 

私は、一般のサラリーマンですが、直感で100億円の融資ができる側の世界に住んでみたいです。

 

今日のカインとアベルは、突然の配役変更と直感で融資する竹中直人の出現で、さすが月9と思わせるドラマ仕立てになっていたように思います。

 

でも、今後の展開に期待して来週のカインとアベルも見ます。

 

でわ、また